スマートフォン解析
2008/01/07

アンプのカタログデータについて

カタログデータでアンプの音質はわかりません

我が家のアンプで カタログデータを比較します
オーディオアンプのカタログデータ
L-540は やや解像度の劣る 暖かめの音質
L-507fは 解像力重視の クリアーな音質
暗騒音の低さは L-507fのほうが優秀
中高域に華やかさのあるラックストーンは 両機種とも共通しています

歪率等は 旧型のL-540のが優秀ですが 音質はデータではわかりません
では アンプを選ぶとき 試聴以外の何を頼りにすればいいのか
私は ブランドで選びましたが それだけではやや不安です

Googleイメージ検索で 機器が実際に使用されている状態を参考にしました
使用機器の傾向と 機器のセッティングで 自分に近い方向性があれば まず大丈夫です
2007/09/30

新旧アンプの作りの差

ささやかな話題です

L-507fの販売開始は2001年
L-507f_Balance

L-540の販売開始は1989年
L-540_Balance

フロントパネルやバランス調整のノブは 旧モデルのほうが お金も手間もかけているようです

2006/08/27

新旧アンプの比較

レイディオヘッド; OKコンピューター
1997 - 40th Annual GRAMMY Awards
Best Alternative Music Performance

OK Computer


LUXMAN L-540とL-507fの比較では、新しいアンプの圧勝。
すばらしい曲と凝りに凝ったアレンジです。
このアルバムの凄さは、古いアンプでは鳴らしきれませんでした。

補足:
L-507fは2005年に生産を完了した旧モデルです。
製品発表がCD発売後なので、まあ新しいということで。

2006/08/26

購入したアンプが届きました

今日は仕事だったので、とりあえず設置。

L-507f

LUXMAN(ラックスマン)L-507f

当初はもう少しグレードを落として検討していましたが、たまたま目にしたオークションに信頼できるストアから出品がありました。プロの値付けはさすがで、支払った対価に充分見合う品物です。

音質について少しだけ
メーカーは同一ですが、開発に10年以上の差があります。
スピーカーの鳴らし方に「耳に心地よい音を出す」という相通ずるものはありますが、新しいだけに解像力は格段に上がりました。

前アンプを手離すかどうかは、もうしばらく鳴らしてから考えます。
あちらも気に入っているので。


2006/08/25

古いアンプの注意点

KEFのQシリーズはほとんど高域ユニットのトラブルがないそうです
ただ古いアンプの高周波発振でトラブルのケースがあったとのこと

我が家のアンプは古いものなので思い切ってもう1台購入しました

何を購入したかは次回で


2006/06/11

アンプとCDプレーヤーについて

アンプはLUXMAN(ラックスマン)L-540
消費税導入前の価格は240,000円で、1989年に購入。
量販店でも決して安くはありませんでした。
高級機には及びませんが、ゆとりある再生音は普及機とは別次元です。
メーカー修理に2回だしました。

CDプレーヤーはSONY CDP-X7ESD
消費税導入前の価格は200,000円、これも1989年に購入。
取引先経由で、市価よりは割安だったと思います。
クリアーで分厚い再生音も魅力ですが、トレーの作りこみが見事です。
メーカー修理に1回出しました。

どちらも独身時代からの所有です。


Amplifier.jpg