スマートフォン解析
2006/10/31

グラフィックメモリ

グラフィックメモリ

iTunesはバージョンを重ねるたびに画像が多くなっています
古いノートPCを使用していて動作が重く感じているかた
グラフィックメモリを増やしてみるのも選択肢のひとつです

わがPCはデフォルトの8MB!から64MBにしたら少しだけ早くなりました
新しいPCなら無問題なんですけどね

BIOSでの設定変更なのでPCにくわしいかたに聞いてみてください

2006/10/29

Napster

タワーレコードでCDを購入したら2WEEKS FREEコードをもらいました
(今なら誰でも1週間は無料でしたが)
試してみたので感想を

ダウンロード:簡単です
別に問題なくダウンロードできます
クレジットカード番号を要求されるのは感心しませんがしかたないですね

曲数:まあこんなものでしょうか
全曲聴ける曲はあまり多くないですね
1曲の試聴時間が30秒では購入したいかどうか判断できないと思います
アーティストについてもRADIOHEADが2曲だけで矢野顕子がゼロではちょっと悲しい

音:悪くないです
今鳴らしているのは UA × 菊地 成孔 ; Night in Tunisia
(このアルバムは全曲フルに聴けます)
ちゃんとUAの声だしちゃんと各楽器の音が鳴っています
普通のPCオーディオなら充分以上でしょう

本気で聴くと:やはりものたりないです
当然iTunesは使えないのでUSB接続でONKYO SE-U55GXを使っています
SE-U55GXからXLOの光ケーブルでAudio AlchemyのDDE-V1.0に送り
アンプはLUXMAN L-507fを使いスピーカーはKEF Q5という構成
高域の伸びも低域の厚みも音の分離もCDより不足気味です

iTunes Storeと比較して:どうでしょうねぇ
RADIOHEADはNapsterと同じ2曲で矢野顕子は19曲ありました
iTunesは曲数で表示されますがNapsterはアルバム枚数でも表示されますね
どちらも使いやすいと思います
再生音を30秒で強引に判断すれば解像力ならNapsterでバランスのよさならiTunesでしょうか

結論:いろいろ聴きたいかたにはおすすめします
全曲聴ける曲が多くなってくれれば特に若いかたに推薦したいですね
でもわたしならCDを買います
ある程度自分の好む音楽が見えていますし音も大切なので

2006/10/25

聴き続けているアルバム

矢野顕子; LOVE IS HERE
LOVE IS HERE

リリースが6月で本来は夏に似合うアルバムですが季節を気にせずよく聴きます
CMにもドラマにも使われずベスト盤に1曲も入っていないのがいいのでしょうか

特に好きな曲
4. ユーアー・ノット・ヒア(イン・NY)
9. 湖のふもとでまだ猫と暮らしている
明るくない曲に惹かれるのは性分ですね


昼の光に夜の闇の深さがわかるものか
(ある哲学者の墓碑銘から)

2006/10/24

J.POPを聴かないわけじゃないです

J.POPをじっくりと繰り返して聴く時代ではないかもと思いつつ
the best selection of first moritaka 1987-1993
アレンジはけっこうとんでもないですが実はあまり捨て曲のないひとかと

いや別に森高千里しか聴かないわけじゃなく

ほかにもいい人がたくさんいるしいい曲もいっぱいありますね





2006/10/22

同じ人の演奏を聴く

Helen Merrill with Clifford Brown
helen merrill

ヘレン メリル「ヘレン メリル ウィズ クリフォード ブラウン」(1954)
ジャズヴォーカルの名盤です


Branford Marsalis; Trio Jeepy
Trio Jeepy

ブランフォード マルサリス 「トリオ ジーピィ」(1989)
80年代の名演だと思うのですが世評はそれほどでもないかも


どちらも Milton Hinton が参加しています

ミルトン(あるいはミルト) ヒントン
1910年6月23日ミシシッピ州ヴィックスバーグ生まれ
不世出のベーシスト
実は1930年代の録音もあるらしい
愛称は"ジャッジ"
写真家としても有名
2000年12月19日ニューヨークにて没

2006/10/17

同じ曲を聴いてみる

違うひとが歌えば 同じ曲でも当然印象は変わります

Twentysomething


JAMIE CULLUM Twentysomething の ボーナストラックから High & Dry を

まず声質が違います
ジェイミー カラムの声は 良くも悪くも トム ヨークより陽性です
ライブ録音ということで ちょっとやりすぎなくらいこぶしを利かせ
とてもリラックスして歌っているようです
RADIOHEADの high and dry は トム ヨークにしては軽く歌っていますが
声の出しかたがとても繊細です

アレンジも好対照
Twentysomething の High & Dry は ピアノとベースとドラムスだけ
the bendsの構成よりシンプルなので 各楽器の音が聴き取りやすいです
あえてピアノの音だけ聴いてみたり ベースの音だけ聴いてみたりします
ドラムスでもシンバルの音だけ聴くとか

そのときどきで聴きかたはさまざま