スマートフォン解析
2006/12/30

久しぶりにCDを鳴らしました

メインシステムの構成
CDプレーヤー(SONY:CDP-X7ESD)
↓RCAケーブル(オーディオクエスト:ダイヤモンドバック旧タイプ)
アンプ(LUXMAN:L-507f)
バナナプラグ(ゴールドムンド:BANANA+)
↓スピーカーケーブル(カルダス:クロスリンクSP1S)
スピーカー(KEF:Q5)
スピーカー側のケーブルはバイワイヤリングで直付け

アクセサリー
ラック:テレオンのGTラック風
脚:オーディオテクニカの型番不明インシュレーターと石匠運慶の御影石をセットで使用
ラックの脚
電源タップ:オーディオテクニカのAT-PT1000
タップ用電源ケーブル:オーディオテクニカのAT-PC1000
他の電源ケーブル:CDプレーヤーは交換できず アンプは付属品です
壁コンセント:松下電工のWN1318
バナナプラグだけちょっと贅沢ですが 他は最低限の構成で
信号系はサブシステムと完全に分離していますが 電源系は共通です

聴いたのは最近気に入っている これです
Live at Carnegie Hall




iPod shuffleとE2Cで10回くらい聴いていますが メインシステムの音とは相当に差があります
缶コーヒーとレギュラーコーヒーくらいの差でしょうか

でも久しぶりに鳴らしたせいか メインシステムはちょっと硬質な音です
ふくよかな音はふくよかに シャープな音はシャープに鳴るとうれしいのですが

2006/12/27

iPod shuffle リセットユーティリティ

第一世代iPod shuffleの1.1.5へのバージョンアップについて
version_up
画像をクリックすると拡大します

最初はリセットユーティリティの復元ボタンが押せませんでした
windows XPのユーザーアカウントにパスワードがないと 復元ボタンが機能しないようです
リセットユーティリティ
コントロールパネルで ユーザーアカウントにパスワードを入れると 復元ボタンがアクティブになります

ボタンをクリックすると 無事 プログラムが走りました
リセット完了画面
このあと リセットユーティリティの初期画面に戻るループが続きます
しかたがないのでユーティリティを終了したところ どうやらOKのようです

最初の曲は鳴りましたし 年内には全曲通して検証できると思います

取り急ぎの報告 ということで

続きを読む

2006/12/24

AIFFとLossLessの差

AirTunesは 音楽信号をLossless変換して AirMac Expressに送信します
Losless変換するのですから 何の疑問も持たず Apple Losslessでエンコードしていました

ところが無圧縮のAIFFファイルとLosslessファイルでは 出てくる音が違いました
AIFFファイルの再生音のほうが 音の輪郭をシャープに再生します
逆にLosslessファイルの再生音のほうが 音の響きをきれいに再生します

違いに気がついたのは 以前 RealPlayerでエンコードした WAVファイルを再生したときです
WAVファイルの再生音は 音の輪郭と響きのバランスがとれていました

再確認したいのですが 遊び時間がなくなったので 今日はここまでです

続きを読む

2006/12/22

2台目のHDDを購入

232GB使用可能のI・O-DATA HDC-U250が量販店で10,500円 という価格に釣られました

HDC-U250_2

最初の1台はFATフォーマットで使用しています
PCの起動時に自動接続させるのですが 45秒ほどかかります
新しいHDDでNTFSフォーマットに変えたら 少しは早くなるかと


デバイスサーバーに接続しました
SX-2000U2 ユーティリティーソフトの画面です
SX_Virtual_Link

☆印がお気に入りのマークです
お気に入りに登録すると自動接続設定ができます
○がこのPCと接続中のマークで △は他のPCに接続中のマークです

結論
別に早くなりませんでした
PCの性能が悪いせいか HDDの能力か 通信速度の限界か
まあ ファイル容量の制限がなくなりますし じゃまにならないので よしとしましょうか



2006/12/17

iTunesライブラリの整理

PCオーディオ用サブスピーカーの設置が やっと一段落しました
構成は以下の通り
250GB外付HDD(IO-DATA:HDC-U250)
↓有線 (USB)
USBデバイスサーバ(Silex Technology:SX-2000U2)
↓有線 (LAN)
ワイヤレスルータ(NETGEAR:WGUB511U)
↓無線
iTunes(SOTEC:WV2150CノートPC)
↓無線
AirMac Express
↓ 光デジタルケーブル(オーディオテクニカ:AT5D92)
DAコンバーター (オーディオ アルケミー:DDE-V1.0)
↓RCAケーブル(オーディオクエスト:ダイヤモンドバック旧タイプ)
アンプ(ラックスマン:L-540)
↓スピーカーケーブル(カナレ:4S8)
スピーカー(モニターオーディオ:ラディウス90)



オーディオ機器用とiPod用に iTunesライブラリを整理
フォルダを作っただけですが
iTunesライブラリの整理




今鳴らしているのは WAVファイルで
オットー クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 ベートーヴェン 交響曲第9番
ベートーヴェン:交響曲第9番
特に不満なく鳴っています

主役と脇役の描き分けが明確で ストーリーに無理がなく 構図が決まる

高音がどうの 低音がどうの 解像力がどうの
細かいところに文句が出なくなり 音楽に専念できる音になりました

これで一安心
2006/12/16

循環呼吸

循環呼吸とは 管楽器の息継ぎで音が途切れないための呼吸です

なにそれ というかたに
Live at Carnegie Hall


ミンガス アット カーネギーホール

ローランド カークというとんでもない天才の演奏です
それはもう唖然とするほどながいながぁい凄いサックスを聴けます

たまげました