スマートフォン解析
2008/07/22

ビエラの赤を 調整してみる

ビエラ特有の派手な赤を 画質調整で抑えられるかどうか 試してみました
[ ]内の調整値は 備忘用です

映像メニュー [ ユーザー ] : 地上波デジタル放送での調整値です
ピクチャー [ 15 ] : 昼光色の蛍光灯に合わせて設定
黒レベル [ 12 ] : ニュース番組やCMの髪の毛で調整しました
色の濃さ [ -9 ] : 黒レベルとバランスが取れるように
色合い [ 0 ] : このままで
シャープネス [ -3 ] : 映像の輪郭をわずかに抑え目に
色温度 [ 高 ] : 白の色合いで合わせました
ビビッド [ オフ ] : 派手にならないように
色域自動切換 [ オフ ] : 自動調整はあまり使わずに
明るさオート [ オフ ] : 上に同じ
テクニカル [ 入 ] : 以下の調整ができるので [ 入 ] で
照度設定 [ 中 ] : 昼光色の蛍光灯下なので
輪郭強調 [ オフ ] : 派手にならないように
ガンマ補正 [ 中 ] : 動かすと けっこう印象が変わります
黒伸張 [ 0 ] : 暗い部屋なら 効果がありそう
Rドライブ [ -9 ] : あまりしっくりしませんが
Bドライブ [ 0 ] : このままで
Rカットオフ [ -9 ] : ドライブに合わせました
Bカットオフ [ 0 ] : 上に同じ
明るさ補正 [ オフ ] : 補正は使わずに

派手な色合いに染めがちな映像エンジンのようで 落ち着いた色合いには調整できませんでした
ただ 番組やCMごとの画質の差のほうが はるかに大きいです


D端子のコネクタカバーも手に入れました
D端子用ダストカバー
オーディオテクニカのD端子カバーAT6063DDは 生産完了
「 D端子用ダストカバー 」 で検索にかかったのが ミマツ音響 製のダストキャップでした



続きを読む

2008/07/12

TH-37PX80の画質調整

お手軽操作で定評あるパナソニックですが 画質調整メニューは充実しています
個人的な備忘用に [ 調整値 ] も記載しました

映像メニュー [ ユーザー ] : 放送および入力信号ごとに記憶
ピクチャー [ 9 ] : 部屋の明るさに合わせた濃淡と明るさに
黒レベル [ 9 ] : 夜の場面や髪の毛などを見やすく
色の濃さ [ -9 ] : お好みの濃さに
色合い [ 0 ] : 肌色をきれいに
シャープネス [ -6 ] :映像の輪郭を見やすく
色温度 [ 高 ] : お好みの色調に
ビビッド [ オフ ] : 色をより鮮やかにしたいとき
色域自動切換 [ オフ ] : 入力した映像を判別して最適な色域で表示したいとき
明るさオート [ オフ ] : 周囲の明るさに応じた見やすい画面にしたいとき
テクニカル [ 入 ] : 以下の調整ができます
照度設定 [ 低 ] : テクニカル調整の元になる映像メニューのディスプレイパネル照度を選択
輪郭強調 [ オフ ] : 縦線の輪郭の強調度合いを調整
ガンマ補正 [ 弱 ] : 中間照度を調整
黒伸張 [ 3 ] : 中間より暗い部分の階調変化を調整
Rドライブ [ 0 ] : 明るい部分の赤色の強さを調整
Bドライブ [ 0 ] : 明るい部分の青色の強さを調整
Rカットオフ [ 0 ] : 暗い部分の赤色の強さを調整
Bカットオフ [ 0 ] : 暗い部分の青色の強さを調整
明るさ補正 [ オフ ] : 暗い所での映像を見やすく

調整内容は VIERA電子説明書から転載
昼白色蛍光灯の下で 地上デジタル放送の画質を調整しました
シネマモードを基本に 全体に色調を抑え目にしつつ 色温度だけ微調整をかけています



接続ケーブルも決まりました
TH-37PX80_Wire
<映像ケーブル一覧>
CATVチューナー(Pioneer:BD-V270)
↓D端子ケーブル(ELECOM:DH-DD05)
ハイビジョンプラズマテレビ(Panasonic:TH-37PX80)
↑HDMIケーブル(audio technica:AT-HMZ/0.7)
DVDレコーダー(Panasonic:DMR-XW320)
↑S端子ケーブル(ELECOM:DH-SS05)
CATVチューナー(Pioneer:BD-V270)

なぜエレコムを使っているのか
0.5mの映像ケーブルで S端子とD端子を揃えているブランドを エレコムしか見つけられませんでした

アンテナケーブルは必要な長さに合わせて自作して 分配器CSP4D-Pから分岐させています
音声ケーブルと電源ケーブルとVTR用ケーブルは 手持ちの品から適当に選びました


<うっかり>
D端子のコネクタカバーと間違えて DVI端子のコネクタカバーを買ってしまいました


続きを読む

2008/07/06

プラズマテレビ導入

2008年7月5日(土)に到着しました
TH-37PX80_Package
箱にのせているメジャーの黄色い部分で 約100cm

パナソニック TH-37PX80 と
ハヤミ NS-435 です


ラック組立中の画像
ハヤミ NS-435
値段なりにしっかりしています
天板はネジなしで固定しますが 問題ありませんでした

設置途中の画像です
NS-435
さすがに大きくなり インクジェットプリンタを移動
AV機器はすっきりまとまりましたが まわりは大変なことになりました

スタンドに本体を設置
TH-37PX80_rear
ひとりで組めましたが 私にはたぶん37インチが限界です
ユーザーに作業させたり リアパネルの塗装を省いたり 上手にコストダウンしています

<機器一覧>
-今回導入-
ハイビジョンプラズマテレビ(Panasonic:TH-37PX80)
DVDレコーダー(Panasonic:DMR-XW320)
テレビラック(ハヤミ:NS-435)
-在来機-
CATVチューナー(Pioneer:BD-V270)
DVDプレーヤー兼用VTRデッキ(Panasonic:NV-VP30)

<インプレ>
液晶と比べると相対的に画面が暗く見えるので ユーザーモードで明るめに調整しました
現時点では フルハイビジョンでなくても まったく気になりません
非常にバランスよく きれいに映ります
音も悪くなし

<欠点>
かなり熱を持ちます
夏場はクーラー必須でしょう
プラズマパネルのジー音が かすかに聞こえます
こちらは冷蔵庫の動作音よりはるかに小さいので 入力オフではじめて気づく程度でした

<購入2日目の感想>
カタログスペックはどうという事のないテレビですが なかなか満足度は高いです