スマートフォン解析
2009/06/28

Michael Jackson Thriller 25

マイケル・ジャクソンのCDは これ しか持っていませんが
AKG_K450_Thriller25
改めて聴くと たしかに楽しいアルバムです

AKG K450は かなり癖の強い音のヘッドホンだと思いますが
そこそこ解像度のある中高音と ふくらんだ低音で バランスは取れているのかも
AKG_K450_INSIDE
ハウジングの穴は見た目だけで カタログ通りの密閉型です
コットン球を吸音材代わりに入れていますが ひとつでは ほとんど音は変わらない模様

2009/06/22

インポートの作法

最近買った新書「オーディオの作法」を真似て
オーディオの作法 (ソフトバンク新書)

CDは2度がけ
読み込みはAIFFです
iTunes_Aiff
設定はすべて自動
現在使用中のドライブは Plextor Premium2
Plextor_Premium_2_in_Shuttle_PE20
現在使用中のケースは Shuttle PE20 S
USBケーブルは フェライトコアのない USB2-05WH
ELECOM USB2ケーブル USB2-05WH

無線LANは 1度目の曲情報取得時はON 2度目のインポート時はOFF
気が向くとMacBookをバッテリー駆動します
COCO-6334
デンオン・ニュー・オーディオ・チェックCDは 画像がないだけでなく 曲情報もなし
画像はスキャナーで取り込み 曲情報は手作業で打ち込みました
HMA190064
こちらも画像はありませんでしたが 曲名は取り込めました
画像は600dpiで取り込み 50%に圧縮しています


搭載メモリが2GBしかないので RAMディスクは使っていません
そのうち 機会があったら 試してみます


2009/06/14

デビュー作

コンテストで優勝した全盲のピアニスト 辻井伸行さん
とりあえず CDを買ってみました
NOBUYUKI_TSUJII
若い演奏家が話題になるのは 悪いことではありませんが
2007年収録のこのCDは ちょっと話題先行かも


テレビで聴いた演奏のほうが力があるようなので 次の録音を待ちたいと思います


続きを読む

2009/06/06

Acoustic IV と TP-10 MARK II の比較

LIHAO.HIS Acoustic IV, Tripath TA2021 の部品構成
インシュレーターを取り付けやすい筐体です
LIHAO_HIS_Acoustic_IV_inside
電源投入時のポップノイズが おだやかになりました
パツッ から パスッ という感じでしょうか


TOPPING TP-10 MARK II と置き換えてみました
音質は LIHAO.HIS Acoustic IV のが好みです
LIHAO_HIS_Acoustic_IV
TP-10 MARK II より低域の再生帯域が下がり 落ち着いた音です
全域で解像力も上がりますし もっと評価されていいと思います

インプレ時の構成
ノートPC(アップル:MB062J/A)iTunes
↓ワイヤレスLAN(アップル:MB053J/A)
AirMac Express(アップル:M9470J/A)
↓光デジタルケーブル(AR:HT188)
DAC(オンキヨー:SE-U55GX)
↓RCAケーブル(オーディオクエスト:キングコブラ 1.5m)
アンプ(LIHAO.HIS:Acoustic IV)
↓スピーカーケーブル(カナレ:4S8, 3.5m)
スピーカー(モニターオーディオ:ラディウス90)
電源
アンプとDACは オーディオテクニカAT-PC1000+AT-PT1000から
AirMac ExpressとMacBookは オーディオテクニカAT-NF517 フィルターゾーンから
音源
CDを無圧縮, AIFFでインポートして iTunes 無線で鳴らしています


比較なので TOPPING TP-10 MARK II, Tripath TA2024 の内部
Topping_TP-10_MARK_II_inside
こんなちっちゃいアンプでも 電源の入れ始めは音が荒いですね
しばらく鳴らすと 歪感が感じられない すっきりしたきれいな音質になります


2009/06/06

LIHAO.HIS Acoustic IV

調子に乗って TOPPINGアンプをもう1台
見た目は TP-10 MARK II のが好みです
LIHAO_HIS
ボリュームにクリック感があることだけ確認
まだ配線もしていないので インプレは後日に