スマートフォン解析
2013/05/14

The Essential Hilary Hahn (リッピングできました が)

このエントリーは 以前から気になっていたブログMacBSの日常生活的日記リッピングできないCD の再査になります
The_Essential_Hilary_Hahn >>>
まさか2枚組のCDで 2枚目がリッピングできないわけがないだろうとたかをくくっていたら 本当にリッピングできませんでした

定評あるPlexWriter Premium2を使って XLDでだめ iTunesでもだめ PhileAudioでもだめ ところがなんと ドライブをPlexWriter Premium2からTEAC CD-W540Eに交換したら これが軽々と読めてしまいました
TEAC_CD-W540E_1C >>>
TEAC CD-W540Eのほうが ほんのわずかに音のエッジが甘くなるような気がしますが 気のせいなのか あるいは2002年製造という古い製品であるという先入観のなせるわざかもしれません

ディスク1とディスク2のログになります
The_Essential_Hilary_Hahn_1.png

The_Essential_Hilary_Hahn_2.png

そうそう ヒラリー・ハーンさんの演奏についての感想ですが どちらかというとふくよかさよりも切れ味の鋭さを重視するかたなのかなと まああまりよくわからないのですが 諏訪内晶子さんよりは好きで 五嶋みどりさんとだとちょっと迷うかも

>>> Olympus OM-D E-M5 + M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm/F2.8 Macro Photos

続きを読む

2013/05/03

教えてもらったクラシックのアルバム

アップ時には在庫切れですが 大植英次&ミネソタ管:春の祭典

低音が凄いという噂でしたが、小音量派の私には、このくらいのバランスでまったく問題ありません。演奏は予想と違って、てらいのないすっきりとした演奏に聴こえました。なかなかの良盤だと思います。

ケーゲル&ライプツィヒ放送交響楽団:音楽の捧げ物

こちらは独特の楽器編成だと思います。ただ、演奏自体はとてもオーソドックスなので、最初にちょっと驚いても聴き続けていると音楽に集中できるようになります。悪くないと思います。

まあでも、音楽の捧げ物を最初に聴くなら、こちらのほうが無難なのかもしれません。

カール・リヒター(cemb、指揮):音楽の捧げ物

satezzo様、ご紹介ありがとうございました。やっと感想を書きました。