スマートフォン解析
2007/02/18

クローンHDDの作成

4年近く使用しているSOTEC WV2150Cのトラブル予防に クローンHDDを作成しました

用意したもの
・交換用のHDD:HITACHI HTS541640J9AT100
容量は40GBと同じですが 回転数は4,200回転から5,400回転に上げてみました
・HDD用ケース:自作本舗 JHHD-2516S
在庫と値段で選びました
・クローン作成用ソフトウエア
Acronis True Image Home 試用版 Vresion9.0
操作が簡単そうなので選びました

移行手順
・新しいHDDをケースに入れて フォーマットします
Logitecのホームページが とても役に立ちました
HDD_format

・Acronis True Image Home 試用版で ディスクのクローン作成 を選択します
TrueImage
・手動モードでさまざまな設定をすると 再起動を求められます
< 我が家では ここでつまずきました >
移行先のHDDが接続されていると なぜかAcronis True Image Home が起動しません
移行先のHDDを取り外して Acronis True Image Home 起動後に接続すると走り出します
< 解決に一晩かかりました >

・1時間弱でクローンHDDが完成し シャットダウンの指示が出ます

・クローンHDDをケースから取り外して 移行元のHDDで動作確認後 換装します
HDDlife_JE


クローンHDD換装を終えて
・メリット
リカバリディスクがなくてもOKです
工場出荷時の状態ではなく 現在の環境やデータをそのまま移行できます
消費電力に注意すれば たぶん大容量のディスクに換装できます
・デメリット
あくまで自己責任の作業なので つまずくとけっこう怖い思いをします
少なくとも我が家では データとして公表できるほどの性能向上はありませんでした

2007/2/21(水)の追記

スーパーPIの速度は変わりませんが スキャンディスクは速くなりました
どうせ変えるなら80GBのがよかったと ちょっと後悔

関連記事

コメント

非公開コメント