スマートフォン解析
2007/05/20

Home Audio 改善なるか

Home Audio改善をめざし CEC DA53を導入しました
CEC DA53 with CDP-X7ESD
モデルチェンジ間近ですが 後継機はより高価になるでしょう

御影石を敷いて CDプレーヤーの上に とりあえず設置
CEC DA53 with 御影石
筐体がアルミ製なのは 良心的な設計です


以下 極私的なファーストインプレッション

I.CDP-X7ESDの光デジタル出力からXLO ER-TOSで接続 RCAケーブルはDiamondBack
ネットでの評価通り 現代的で軽やかな音だが 価格を大きく上回る音質かどうかは不明
「ラーメンたべたい」の「トゥイントゥゥン」が 問題なく鳴らせる解像力あり
意外に使えたCDP-X7ESDのデジタル出力

II.RCAケーブルを外し バランスケーブル オヤイデSL110XXで接続
L-507fのバランス入力はL-540とは別物 問題なく使えそう
RCA出力よりバランス出力の方が 音量が大きい
音量を合わせても 力感の差は歴然

III.AirMac Expressのデジタル出力に変更
急に音が安っぽくなるが 音数に問題はない
いやな音は出ないので 徐々に慣れてくる
デジタル出力の音質差について要検討

IV.敷いている御影石を25cm×25cm黒から20cm×24cm灰に変更
低音の伸びが減ったように感じる
置き場所の影響が大きいのか 単なる印象の差か
接続ケーブルの長さと硬さを考慮して 置き場所について再検討

V.機能について
DF DITH 32FS 64FS 128FSを切り替えても 音の変化は聴き取れず
微小な差異なのか 差異を聴き逃しているのか不明
設置と接続が決まった後で 再確認

VI.とりあえずまとめ
バランス出力とRCA出力の音域差が大きい
CDP-X7ESDを上回る高級な音かどうか 現時点では不明
現代的な分解能の高い音を導入するという 初期の目的には合致

VII.最後に
DACの基本として 音量を上げてデジタルケーブルを抜かないこと
音量によっては 高域ユニット Tweeterを一発で飛ばす
第一印象と評価が変わることは 多々あり


こんなところです
CEC DA53 with AirMac Express
[Amazon] AirMac Expressへ

関連記事

コメント

非公開コメント