スマートフォン解析
2007/11/11

BootCampとAirMacDisk

Leopardで正式搭載されたBootCampで Mac OSをデュアルブートしました
BootCampとAirMacDisk
同じマシンですから ライセンスは大丈夫そうですが サポートは対象外でしょう
ディスク名は Macintosh HD と McIntosh HD
微妙に変えています

まずTigerをクリーンインストールして 次にLeopardを上書きインストールしました
BootCampで作ったパーテーションに またTigerをインストールして完了
手順は面倒ですが 新旧OSどちらでも 起動可能になりました
Leopardで約80GB Tigerで約30GBの領域です


AirMacDiskに作ったiTunes Musicフォルダで iTunesが動作すれば問題なしです


Mac OS X, 10.4.10 Tigerでは 動作しました
曲の読み込みに 一度iTunesがフリーズしますが 無事に起動
全曲 まだ1,000曲しかインポートしていませんが アートワーク付きで再生可能でした

Mac OS X, 10.5 Leopardでは 一部のアルバムが読み込みできませんでした
それだけではなく アルバム2曲分のデータが破損
いずれ再インポートします


普通にTigerに戻すか デュアルブートでしばらく使うか これから検討します


関連記事

コメント

非公開コメント

たしかに インストールディスクで起動して 先にパーティションを切ってからインストールしたほうが
はるかに効率的ですね

BootCampでなく ディスクユーティリティでパーテーションを切るだけで
大丈夫だったかも

元々インストールされているTigerにLeopardを上書きインストールしなかったのは
いろいろいじってしまったので 一度リセットするためなので・・・

でも ご指摘ありがとうございます とても参考になりました
機会を見つけて また試してみます



特殊な方法でインストールするんですね。

Tigerをクリーンインストールした上でLeopardをインストールして
Boot Campでパーティションを切って、そこにTigerをインストール
するんですか?
データを消してしまうのなら、先にインストールディスクで起動して
パーティションを切ってからインストールしたほうが効率的な気がします。

ちなみに、Leopardのディスクユーティリティは
データを消さずにパーティションを切る事が可能なのですが
やっぱり、Boot Campアシスタントで一度パーティションを切った上で
再度フォーマットして、インストールしなければTigerは入らないんですか?

元々インストールされているTigerにLeopardを上書きインストールして
LeopardでHDのパーティションを2つにした後
Tigerをインストールって形ではインストールできないんですかね?
そうするとデータは一切消えないですし・・・。