スマートフォン解析
2006/07/07

B&O A8 と SHURE E2C

A8_vs_E2C


B&O(BANG & OLUFSEN)のA8とSHUREのE2Cです。

A8は2004年9月に百貨店で購入。
とても精密で繊細な作りのイヤホンです。

E2Cも同じですが、装着で音のバランスがかなり変わるので、
耳にフィットさせてから鳴らしています。
両機とも調整しやすく、ていねいな設計です。

音の傾向はかなり違います。
中高域が魅力のA8、低域に力のあるE2C。
音の広がりが美しいA8、弦が力強いE2C。

コードの扱いやすさはA8、遮音性に関してはE2Cの圧勝です。
それほど安価ではありませんが、両機とも飽きることはないと思います。


バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

この曲を聴きました


ゼンハイザーのMX400とソニーのMDR-EX51も持っています。
ビットレートを上げないのであれば、このクラスで充分かもしれません。



補足:
どんなイヤホンもそれぞれ固有の音の傾向がありますが、
A8でもE2Cでも、演奏や録音の違い以上に、固有の音の傾向を感じます。
率直に言ってA8の弦は少々弱く、E2Cの音の広がりは少々狭い。
これで充分とするか、より高額な機種を狙うかは、
It's Your Choice. というところでしょうか。
関連記事

コメント

非公開コメント