スマートフォン解析
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/06/06

Acoustic IV と TP-10 MARK II の比較

LIHAO.HIS Acoustic IV, Tripath TA2021 の部品構成
インシュレーターを取り付けやすい筐体です
LIHAO_HIS_Acoustic_IV_inside
電源投入時のポップノイズが おだやかになりました
パツッ から パスッ という感じでしょうか


TOPPING TP-10 MARK II と置き換えてみました
音質は LIHAO.HIS Acoustic IV のが好みです
LIHAO_HIS_Acoustic_IV
TP-10 MARK II より低域の再生帯域が下がり 落ち着いた音です
全域で解像力も上がりますし もっと評価されていいと思います

インプレ時の構成
ノートPC(アップル:MB062J/A)iTunes
↓ワイヤレスLAN(アップル:MB053J/A)
AirMac Express(アップル:M9470J/A)
↓光デジタルケーブル(AR:HT188)
DAC(オンキヨー:SE-U55GX)
↓RCAケーブル(オーディオクエスト:キングコブラ 1.5m)
アンプ(LIHAO.HIS:Acoustic IV)
↓スピーカーケーブル(カナレ:4S8, 3.5m)
スピーカー(モニターオーディオ:ラディウス90)
電源
アンプとDACは オーディオテクニカAT-PC1000+AT-PT1000から
AirMac ExpressとMacBookは オーディオテクニカAT-NF517 フィルターゾーンから
音源
CDを無圧縮, AIFFでインポートして iTunes 無線で鳴らしています


比較なので TOPPING TP-10 MARK II, Tripath TA2024 の内部
Topping_TP-10_MARK_II_inside
こんなちっちゃいアンプでも 電源の入れ始めは音が荒いですね
しばらく鳴らすと 歪感が感じられない すっきりしたきれいな音質になります


関連記事

コメント

非公開コメント

さすが中国クオリティ

いらっしゃいませ。
はじめて気付きました。ご指摘ありがとうございます。
昔、スクリーントーンで修正を試みて、深傷を負ったことがあるので、そっとしておきます。

MAN

私も手に入れたんですが、やっぱりボリュームの最小がMINじゃなくてMAN。

ミスプリント商品が出回ってるんでしょうかねぇ。

コメントありがとうございます

お見事です。
これが知る人ぞ知る、ぼうしカノン、でしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。