スマートフォン解析
2009/07/11

ハイレゾリューションCDについて

PCオーディオfanの付録データCDです
PC_Audio_fan
96kHz/24ビットで収録
参考までに 通常のCDは44.1kHz/16ビットサウンド
iTunesでも鳴りますが より高音質とされるQuickTime Playerで再生しました
QuickTimePlayer
実はハイサンプリングをちょっと甘く見ていたのですが いやいや いい音です
01 ノイズフロアの低さは 従来のCDクオリティを軽く凌駕しています
02 ちょっときつめの音ですが ホールではないので当然ですね
03 クリアーなだけじゃありません リコーダーの音もきれい
04 私的にはもっと遠い音のほうが好みですが 美音です
05 サックバットってトロンボーンの源流なんですね


インプレ時の構成です
ノートPC(アップル:MB062J/A)QuickTime Player
↓光デジタルケーブル(AR:HT188)
DAコンバーター(CEC:DA53)バランス出力
↓XLRケーブル(オーディオクエスト:キングコブラ 1m)
アンプ(LUXMAN:L-507f)バランス入力
バナナプラグ(ゴールドムンド:BANANA+)
↓スピーカーケーブル(カルダス:クロスリンクSP1S 3.5m)
スピーカー(KEF:Q5)
スピーカー側のケーブルはバイワイヤリングで直付け

電源
アンプとDACは オーディオテクニカAT-PC1000+AT-PT1000から
MacBookは オーディオテクニカAT-NF517 フィルターゾーンから


ところで今 iTunesに切り替えたのですが
Mingus at Carnegie Hall
44.1kHz/16ビットでも充分かも





関連記事

コメント

非公開コメント