スマートフォン解析
2006/07/23

スピーカーの設置.2

がたつきの原因.その2
スピーカー底面のネジが緩んでいるので、増し締めします。
左が増し締め後で、ナットが深く入っています。
でも、これは締めすぎ。悪い例ですね。
増し締め



スーパースパイクを使用して設置後、左右スピーカーの高さを確認します。
同時に前後左右の位置も調整していきます。
高さ調整

スピーカー下のメッキと黒の部材がスーパースパイクです。
メーカーはサウンドケア社。


水準器で確認しながら、スーパースパイクの高さを微調整します。
もちろんがたつきのないように。
水準器



補足:
スーパースパイクを使用している理由は、安全かつシンプルな構造で、
比較的安価だったためです。

ここまでで約1時間です。

現状では低域が締まり気味、高域がややきつめですが、
このまま落ち着くまで少し様子を見ます。
しばらく鳴らして明らかに不満なら、角度や位置を聴感で再調整。
でも今日聴く限りでは、このままで大丈夫そうです。


参考:
soundcare社 superspikes
SS8(ネジ込タイプ:8mm/4個入)・・・・・・ 価格¥7,980×2
kanjitsu.comより
山西松藤黒御影石オーディオボード 350x250x50mm(14kg)6300円×2
un-kei.comより


※注意※
スピーカーの過度の増し締めは、機器の破損に直結します。
締めすぎによる破損はあくまでも自己責任。


関連記事

コメント

非公開コメント