スマートフォン解析
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/09

絶体絶命 RADWIMPS

出ました 私的には古今東西最高の日本語ロックバンド 2年ぶりの6thアルバムです
絶体絶命 RADWIMPS

今日び貴重な ベーシストとドラマー常駐のバンドです
絶体絶命 RADWIMPS 裏面

ギターがまた泣かせるんですよ

歌詞はかなり癖あります
私は好きですが♡


2011/03/09(水)夜の追記

2回聴きました。

5thアルバムのラストの歌詞でかなり喧嘩売ってたので、次作はどう来るかと思っていたら、ごった煮全部入り作戦で来たようです。とにかく今出せるものは出し尽くそうという姿勢。全力投球っぽく、好感。メジャーレーベルは商売商売でしょうから、毎年コンスタントに出してそこそこ売れて、人気なくなったらポイ捨てかと思っていたのに、2年越しの新作を待ったのは偉い。今回、「25コ目の染色体」のような泣かせる名曲ラブソングはありません。一番印象に残ったのは「G行為」。動機(テーマ)は「へっくしゅん」という過去の名作があるので充分あり得る曲ですが、よくもまああれだけ露骨な歌詞にあれだけかっこいいアレンジが乗るもんです。私的にはかつての天才加藤和彦を超える名手野田洋次郎から目が離せません。Amazonで賛否両論来るのは、逆にお見事です。

初稿をちょっと手直し。



2011/03/10(木)の追記

3回目のローテーションで終わりました。

うーん、ちょっと乱雑すぎ。詞も曲も決して悪くないんですけど、繋がりのなさが気になり始めました。声も演奏も無闇に音を重ねすぎて誰が誰だか曖昧ですし、弱音(よわねじゃありません、じゃくおん、です)も旧作のほうが有効に使われていました。しばらく旧作を聴き返します。まだ雑だけど元気な1st、見事な曲と演奏で一番好きな2nd、無人島に持っていきたい堂々の3rd、充実の4th、入魂の5thです。どんなビッググループだって、アルバム全部盲目的に好き、なんてことはないですから、まあ、いいか。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。