スマートフォン解析
2015/07/16

Olasonic TW-BT5のプレゼントをいただき TW-SP5を買い足しました

Olasonic(オラソニック)ブランド 5 周年キャンペーン のプレゼントをいただきました
Olasonic TW-BT5
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

Naim Audio mu-soの外側に設置したので 音の広がりがあります
Olasonic TW-BT5 and Naim Audio mu-so
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

目立たないように配線しましたが 背面はわりとざっくりです
Olasonic TW-SP5
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

↓ こんな簡単なTweetですみません。ありがとうございます。
購入履歴はないのですが、ていねいに音質を練り上げる印象の、製品の姿かたちにも気を配る、とても気になっているメーカーです。


我が家に3セットあるBluetoothスピーカーの中で一番安価ですが、コンセプトも音質も、ていねいに練り上げられているように感じました。

価格と可搬性を考えてモノ仕様で販売し、ステレオ用のスピーカーを別売するのは、シアタースピーカーの2.1CH+3CHに近い印象の、なかなか成功しにくいコンセプトだと思います。でも、私が聴く限り、音質のまとめは、とてもうまくいっているように感じました。

1本で鳴らすと、再生帯域はけっして広くないのですが、声の帯域をとても入念にチューニングして、音楽を上手に聴かせてくれます。ヴォーカルが前に出て、演奏が後ろに引くイメージなので、充分に音楽を楽しめます。

TW-SP5を追加すると、音場が劇的に広がります。TW-BT5で充分に音楽は楽しめますが、音場の広さはステージの広さなので、やはり、TW-SP5があるほうがよいかと思います。

ただ、置き場所の自由さでは、スピーカー1本のほうが明らかに有利なので、あちこち移動する使いかたをするなら、増設スピーカーなしのほうが便利です。

スピーカー1本でも2本でも、音楽的バランスはとてもよく練られているので、使用方法でスピーカーの数を決定されてよろしいのではないでしょうか。厳しい聴きかたをすれば高域も低域も弱めですが、これはこれで充分に納得のいく音質です。

  

関連記事

コメント

非公開コメント