スマートフォン解析
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/20

SHANLING M3 を 購入しました

Xperia Z1f でずっと我慢していましたが ポータブルプレーヤーを購入しました
SHANLING M3 1
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

とりあえず ADATAの32GB microSDHCカードをFAT32フォーマットで使用中
SHANLING M3 2
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

ディスプレイは 必要充分な表示能力だと思います
SHANLING M3 3
Olympus OM-D E-M5 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F1.8

ポータブルプレーヤー検討はしばらく続いていたのですが、最近のプレーヤーはとにかく高い。10万はちょっと出す気にならず、そこそこの値段で探していました。

pono playerの購入をためらっていたときに、ふと見つけたSHANLING M3の数量限定モニター販売。これはいけるかと、ちょっとググってみて、いけそうだと判断しました。

SHANLINGは、かなり以前ですがCD-T80というプレーヤーに興味を持ったことがあるので、名前は知っていました。中華メーカーの中では、そこそこ年数を経ているメーカーです。

代金を支払ったあとでAmazon.comでの人気のなさに気づいたのですが、まあなんとかなるかと、気を取り直して到着を待ちました。

購入前の注意点として、ディスプレイ保護フィルムは自分で貼付するので、貼付ができないかたは購入を避けるべきでしょう。特徴的な操作ダイヤルは、タッチがぐにゃぐにゃしていて、なんだかこんにゃくに近いです(個人の感想です)。それから、たとえば充電と曲のインポートが排他仕様である等、使い勝手はiPodやWALKMANほど親切ではないです。至れり尽くせりの機能を求めるかたは、避けたほうがよい製品です。

到着後の第一印象は、やや歪みが耳につく荒々しい音でちょっと後悔しましたが、いろいろいじっているうちに、どんどんいい音になってきました。一安心を経て、かなり満足の行く音質になりました。

分解能が高く、低音が弾み、中音が分厚く、高音が安定して鳴る、なかなか優秀、いや、実に優秀な音質です。低価格プレーヤーでとても気になっていた耐入力の低さが解決され、音源への追従性は高いです。音場も広大で、クリプシュのImage X10が実に伸びやかな音を鳴らしてくれます。これはもう大感激の大満足。

新しいファームウェアは、日本語サイトからダウンロードしました。萌音ヴァージョンは解凍不要でしたが、オリジナルはRAR形式だったので、The Unarchiver をインストールして解凍しました。デフォルト言語は中国語でしたが、まあ何とかなるものです。

今のところ、使用ファイルはAIFFのみで、一部の例外を除き、ほとんどの曲埋め込みのジャケットが表示されました。ライブ音源の曲間ではわずかに音切れしますが、まあぎりぎり許容範囲です。明日から平日はほほ毎日、電車に乗っている約45分間で使用します。通勤が楽しみになりました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。