スマートフォン解析
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/09/06

acoustic effect のイヤホン試聴機を借りてみました - その2

YSM-03/R(銅線ボイスコイルのリケーブル対応モデル)¥44,000(税抜)
acoustic effect 5

YSM-04/RS(純銀ボイスコイルのリケーブル対応モデル)¥56,000(税抜)
acoustic effect 6

価格順に並べると、以下の順番になります。
YSM-01 ( ¥34,000 ) / YSM-03/R ( ¥44,000 ) / YSM-02/S ( ¥46,000 ) / YSM-04/RS ( ¥56,000 )

リケーブル対応モデルのハウジングは、ケーブル一体モデルより音域のコントロール能力に長けているようで、どちらのモデルもケーブル一体型より低域が伸び、周波数バランスが整っているように感じました。ハウジングの共振が少ないのか、分解能も高まっているように思います。

YSM-03/RよりYSM-04/RSのほうが繊細さで明らかに秀でています。フラッグシップにふさわしい音質です。

ただ、YSM-04/RSは音源の質にかなり忠実で、いろいろな曲にほどよいバランスで対応してくれるのはYSM-03/Rのほうが得意かもしれません。

ポートがある分だけ音抜けがよい反面、わずかに音漏れのあるYSM-02/Sより、ドライバーの応答性能でほんのわずかに後れをとる代わりに、一番実用的で使いやすいのは、YSM-03/Rに思えてきました。

どの機種もなかなか気軽に買えるお値段ではないのですが、前向きに購入検討はしてみたいと思います。
返却までまだ少し試せる時間があるので、もっといろいろな曲を聴いてみます。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。